社労士試験対策 クレアールの口コミ評判パーク

MENU

社労士の資格が活かせる職場・環境

社労士の資格をフルに活かすための仕事・職場についてここでは説明したいと思います。

 

まずは当然、社労士事務所です!

当然と言えば当然ですが、社労士の資格を持っていれば社労士の事務所を開業、並びに就職することが可能です。
業務内容としては「人事労務管理のコンサルタント」や「年金相談」「労働社会保険手続きの代行」等の実務を会社、もしくは個人に対して行うことになります。
いわば、社労士の知識、実力が存分に発揮される職場となります。
※ただし、事務所によっては年金関連のみだったりコンサルタントのみだったりしますので、詳細な実務内容はそれぞれ事務所に問い合わせが必要となります。

 

やはり給与計算、人事雇用等、「人事・労務」の仕事には強い!

社労士資格は社労士事務所のみという狭い範囲ではございません。
実はどこの会社でも人事部、労務部といった、給与計算や人事等の部署を持っています。
「労働」とは働いて賃金を得ることなので、人がいれば当然そのような部署は出来上がります。
つまり、会社としては社労士資格を持っている方は実は最低1人はほしいところでしょう。
大きな会社であれば相乗的に必要となってきます。

 

総合会社コンサルティング関係の仕事にも!

経営に関するコンサルティング等をやっているところは会計士等が主となりますが、、他の「士業」の人たちも必要に合わせて集めていることがあります。
会計士は経営を、社労士は労働環境の改善を、といった形で、他の士業と専門分野を掛け合わせて、トータルコンサルティング等を行います。
また、このような仕事は社労士資格だけでなく他の士業資格も取得していれば得難い武器となることでしょう。

無駄なく短期間で合格を目指すならやっぱり講座!

社労士,資格,仕事,職場クレアールの社労士講座

社労士,資格,仕事,職場


クレアールの社労士講座は、合格必要得点範囲を徹底的に追及するカリキュラムなので、短期間で本試験に合格するための力を身に付けることが可能です!

また、回数無制限の質問受付などサポート体制も万全なので、初めて社労士の学習をされる方も安心して試験対策が行えます。

なお、公式サイトで資料請求すれば、講座パンフレットと一緒に講座で使用するテキスト、そして講義DVDのサンプルが無料でもらえます!

社労士,資格,仕事,職場



なので、まずは公式サイトより資料請求して上記のサンプル教材をアナタの目で見て合うかどうかをチェックしてみてください!

社労士,資格,仕事,職場