社労士試験対策 クレアールの口コミ評判パーク

MENU

社労士試験の難易度と合格率

社労士が難しい資格だということはネットや新聞などの情報ではよく言われますが、では具体的な数値としては、よく合格率で比較されます。

 

実は社労士の合格率は毎年約10%弱となっております。
というか最低で6.8%程度となります。

 

これは100人受験しても10名弱しか受からないということです。

 

そして同じ仕業としては「宅建士(宅地建物取引士)」の場合、大体15%程度となります。(それでも十分難関レベルですが。)
※他の仕業も大体10%程度となりますが、多少社労士資格は合格率が低くなっております。

 

なんだか考えてみると、本当に難関ですね。。。

 

社労士資格の試験範囲が膨大にある

合格率の低さから社労士資格の難しさが分かっていただいたと思われますが、では、なぜそんなに合格率が低くなってしまっているのか。

 

それはひとえに勉強範囲の膨大な量であると言えます。

 

広範囲にわたる試験科目の隅々の知識まで問われるので、生半可な勉強量では到底太刀打ちできません。
一般的には、社労士の試験対策に必要な勉強時間は1000時間とも言われておりますので、その物量は相当なものです。

 

また、社労士の試験範囲は法改正も頻繁に行われるので直前対策も必須事項となりますので、基礎となる普遍的な知識と最新のトレンドも踏まえた学習をこなしていく必要があります。

 

非情なる採点方式「足切り点方式」

社労士には試験設問にて各科目につき4問以上正解しなければならない(午後は5問中3問以上、及び総得点が28点以上)という制限を設けられております。

 

なので、もし条件に満たなければいくら点数が高くとも足切りとなってしまいます。

 

要するに一つに絞ってヤマを張る方法ができないということです。

 

この採点方式も地味に社労士の合格率を下げている一因と言えます。

無駄なく短期間で合格を目指すならやっぱり講座!

社労士,難易度,合格率クレアールの社労士講座

社労士,難易度,合格率


クレアールの社労士講座は、合格必要得点範囲を徹底的に追及するカリキュラムなので、短期間で本試験に合格するための力を身に付けることが可能です!

また、回数無制限の質問受付などサポート体制も万全なので、初めて社労士の学習をされる方も安心して試験対策が行えます。

なお、公式サイトで資料請求すれば、講座パンフレットと一緒に講座で使用するテキスト、そして講義DVDのサンプルが無料でもらえます!

社労士,難易度,合格率



なので、まずは公式サイトより資料請求して上記のサンプル教材をアナタの目で見て合うかどうかをチェックしてみてください!

社労士,難易度,合格率